糖質制限から月曜日に食べないダイエットに変更で1ヶ月で5kg減

糖質制限から月曜日に食べないダイエットに変更

今人気の糖質制限ダイエットを行っていた方のレビューで、月曜日に食べないダイエットで1ヶ月5kg減達成した方のレビューです。
この方のレビューは参考になりますので掲載しました。

レビューの出典先はAmazonで本月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!を購入し月曜日に食べないダイエットを実施した方になります。

文章は意味合いを変えないで分かりやすく編集しております。
※使用している写真はイメージです。

糖質制限ダイエットとの違い

今まで糖質制限ダイエットを何度か試みているのですが、毎回2ヵ月くらいでリバウンドを繰り返していました。

月曜日に食べないダイエットも良食という名の糖質制限ダイエットを行うんじゃないかと思っていたのですが、自分が1ヶ月取り組んでみて、糖質制限ダイエットとの違いを書いてみたいと思います。

糖質制限ダイエット

糖質制限食や低糖質パンを大量に購入して食べていましたので、とにかくお金が掛かりました。

糖質制限ダイエット中は常に甘いものが欲しくなり、食べたくてイライラしていましたし、食べないのに糖質制限スイーツをたくさん買い込んでいました。

糖質制限ダイエットなので、糖質は制限していたが肉などはたくさん食べていたため食べる量は多かった。

私の場合ですが、体重は落ちましたが常に食べたい欲求があり精神的に辛く、結局1~2ヵ月で限界がきてリバウンドしていました。

月曜日に食べないダイエット

月曜日に食べないダイエットは最初の不食日が固形物を食べないのできついです。

月曜日に食べないダイエット明けの火曜日にいきなりヨーグルト等を食べると胃がビックリしているのかお腹を壊しやすいです。

はじめての月曜日に食べないダイエットを乗り切ればその後は比較的楽にできます。

もともと甘党でしたが、ものの見事に甘いものへの執着は一切なくなり、週末の美食日でも特に炭水化物やスイーツに無理せずに食べなくなりました。

周りの人がどれだけ白米や麺を食べていても辛いと感じなくなりました。

私にとっての月曜日に食べないダイエット

私にとっての月曜日に食べないダイエット

糖質制限ダイエットと月曜日に食べないダイエットの一番の違いは精神的な辛さがあるかどうかです。

不思議と糖質を摂りたい欲求自体がかなり低くなるため、ストレスもたまりません。

月曜日に食べないダイエットなら多分リバウンドなしで目標体重まで落とせそうです。

正直、はじめて続けられそうだと感じるダイエットで、ダイエットというより生活改善、体質、味覚改善と言った方が良いかも知れません。

先日、週末の美食日に頂き物のケーキを食べたのですが、以前ならペロリと食べて、それでも足りないくらいだったのが2/3食べたところで甘ったるくて食べるのがイヤになってしまいました。

そこまで糖分を欲しないカラダになったのかとビックリでしたし、人間はある程度の年になり、代謝も落ちてくるのでそんなに飽食しなくても十分に生きていけるのだと思いますし、今までいかに食べ過ぎていたのかを感じています。

ただ私は月曜日の食べない日に、白湯だけだとかなり辛いので、薄い昆布茶、本ではNGですがブラックコーヒー、ノンシュガーの紅茶、野菜スープか薄くしたインスタント味噌汁、少量のフルーツを主にみかんかキウイを食べています、そのかわり週末の美食日でも炭水化物は積極的に食べてはいません。

結果として1ヶ月で5kgほど落ちましたし、この期間にランチに誘われた場合は最低限の炭水化物も食べていましたが、その場合は土曜日か日曜日の美食日を良食日に置き換えていました。

そんな感じでストレスもたまらず、月曜日の食べないダイエットをゆるゆるで続ける事で洋服もすっきりと着れ、生理前でも吹き出物がでず、食べたい欲求に振り回されることもなく、私にとって最良のダイエットとなりました。

トップへ戻る
error: Content is protected !!